木材塗装の塗料について

2019.02.22 Friday 11:07
0

    JUGEMテーマ:日曜大工

    塗料について

     

     塗料は、仕上がりによって、「造膜塗料」と「ステイン塗料」に分けられます。 当工房では、木の風合いを十分に活かすために、主に「ステイン塗料」を使用しています。それぞれの特徴は以下の通りです。

     


     

    ●造膜塗料とは

    • 特徴:木材に染み込まず塗膜を張る。 
    • メリット:表面に硬い塗膜を作り、塗装面を保護します。
    • デメリット:傷がつくと目立ち、経年劣化によりひび割れ・めくれ・剥がれ落ちが生じます。再塗装の際は、すべての塗料を剥がす必要があります。また、有色の場合、木目などの木の風合いが損なわれます。

     

    [種類]

    • ペンキ:カラーが豊富で、表面に膜を作るので高い保護性能を有しています。しかし、木の風合いは薄れ、上述のようなデメリットがあります。
    • ワックス:木の風合いを残しつつ、木材に少しだけ浸透し、表面に薄い膜を張ります。ステイン塗料を塗った上から、ワックスを塗装すると保護効果が高まります。ただし、熱に弱いので、設置場所に要注意です。
    • ウレタンニス:被膜による保護効果が高く、鏡面のような艶が出るものもあります。しかし傷つきやすく、クリアゆえに塗りムラや木の汚れが目立ち、汚く見えてしまいがちです。塗りなおす際には、一度全部剥がす必要があります。重ね塗りをしてもきれいにはなりません。

     

     

    ●ステイン塗料とは 

    • 特徴:木材に染み込んで、木材自体に着色します。表面に塗膜を張りません。染み込んだ塗料が、内部で硬化し、水分等の侵入を防ぎます。
    • メリット:木目がはっきりと浮かび上がり、木の風合いが十分活かされ、高級感のある仕上がりになります。再塗装も上塗りするだけで、メンテナンスも非常に簡単です。自然なしっとりとした光沢を楽しめます。
    • デメリット:表面に膜を作らないので、汚れや傷がつきやすいです。1〜2年に一度、再塗装した方が風合いを長く保てます。

     

    [種類]

    • オイル塗料:オイル塗料で仕上げることを、オイルフィニッシュとも言います。特徴等は上述の通りです。オイル塗料に使われる成分は、植物から採れる植物性オイルを使用しています。それで、別名「自然塗料」とも呼ばれています。ペンキやウレタン塗料などに使用されている化学物質やシンナーが使用されておらず、人体にとても安全な塗料です。そして何よりも、木の風合いをしっかり引き出し、長く保ってくれるので、当工房では主にオイル塗料(クリア―)を使用しております。

     

    内装用には、「リボス自然塗料 クノス」がお勧めです。製品の詳細は以下から。

     

     

     

     

    外装用には、「リボス」にもいいものがありますが、耐久性からすると「オスモカラー#420」もお勧めです。

     

     

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】オスモカラー #420 外装用クリアー プラス 3分つや 0.75L...
    価格:5508円(税込、送料無料) (2019/2/22時点)

    category:DIY | by:YUZcomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM